【事業レポート】4/30 ユースインターン1期生巣立ち式

4月30日、ユースインターン1期生の巣立ち式という名の「半年振り返った近未来アクションプラン発表会」を行いました。



巣立つ学生は3名
 
 高野悠(たかのひさし)
 
 主計啓太朗(かずえけいたろう)

 高橋苗七子(たかはしななこ)


彼らがユースを離れ、これから地域社会で何をするのか、ユースインターン2期生と3期生、またとちぎユースの共同代表と副代表の前で発表しました。

それぞれのプランは三人の特徴が活かされたものでした。またただの理想ではなく、半年多くの方と出会い、悩み、たどり着いた地に足のついたものであることも感じました。


このプランは、ただの発表ではなく、実際に実現したものがあります。
本人たちからの情報発信を待ってみますが、面白い展開が生まれそうで期待しています。



ひさし、かず、ななこ、およそ一年間のユースインターン、ほんとお疲れ様でした。
またこれからは学生フェローとして、2期生、3期生、またこれからのインターンシップの指導やフォローをよろしく頼みます。
面倒みるというより、自分たちの動いている背中を見せてくれればそれで十分なので、ひたすら前を見て、進んで行ってもらいたいと思います。(岩井)