【事業レポート】6/22 26歳のハローワーク vol.0

「分岐点”これまで”と”これから” 26歳のハローワーク vol.0」のレポートです。

本事業では、様々な分岐点にたつ若者へ、様々な価値観や働き方、生き方に触れる機会を提供し、“これまで”の自分と向き合い、試行錯誤しながら“これから”の道を切り拓く応援をしていきます。

キーワードは、「モノサシ」・「コンパス」・「コトダマ」です。

---------------------

日時:6月22日(水)19:00~21:30
場所:㈱キッズコーポレーション 3Fミーティングルーム
ゲスト講師:㈱キッズコーポレーション 代表取締役社長 大塚雅斗さん
参加者:10名(会社員やNPO職員、NPOボランティアの方など)



まずは、この講座の目的や3つのキーワードの説明からスタート。

次に簡単な自己紹介を行い、参加者のみなさんのバックグラウンドを共有した上で、
メインとなるゲスト講師の大塚さんのお話です。
生い立ちから起業し現在に至るでの物語やターニングポイント、”しごと”や”はたらく”という事について、お話をいただきました。
「自分の人生、自分が決めるという決意や、自分の考えを持ち自らの足で立つという気概が必要」や「自分らしく生きる(個性を活かす)」、「劣等感の塊だったからこそ、頑張れた」というメッセージが印象に残りました。

その後は休憩を挟んで、後半戦。
講座の後半は、アウトプットの時間です。

最初の質問タイムでは、生き方や考え方、こんな時はどうしてますか?など、様々な質問が飛び交いました。1人ひとりに対して丁寧に回答いただき、みんな納得顔。質問をすることで、話がさらに深く、豊かになっていきます。

その後は、“自分が大切にする価値は何か?”、“パーソナルシフト”という2つのワークショップを通して、これまでの自分と向き合い、次への一歩を考え、発表しました。参加者それぞれが、自分の課題をしっかりと受け止め、変えていこうという意欲が伝わってきました。



《参加者のみなさんからの感想》

「やりがいのある生き方、前向きなパワー・エネルギー、全てが刺激的で自分の栄養になりました。」
「このような講座に参加するのは、初めてで、凄く緊張しながら来ましたが、とても話やすい場所で、良かったです。」
「同世代の方々の意見や考えを知る事ができ、とても勉強になりました。」
「幸せとということは何かと気づかされました」
「活躍されているかたでも同じように悩みやいろんな時期があるのだと思ったし、とても感じるものがありました。とても良いタイミングで参加できました」
「大塚社長の話を聞いて、何かが自分の中で動いたようなに感じて、これからそれを引き出していって、これから自分がどう生きていくのか、考えていきたいと思った」


チャーリーチャップリンは言います。
「何も言わなければ、何も行動しなければ、何も伝わらない、何も変わらない」

このイベントに参加した一歩が「きっかけ」となり、次への一歩につながっていく。
様々なバックグラウンドをもった方々が交流し、刺激しあい、影響しあう。
若者が社会でイキイキと活躍するために、これからも様々な「きっかけ」と「場」を提供していきます。


参加してくださった皆様、講師を快く引き受けてくださった大塚さん、ありがとうございました。
みなさまのエネルギーと想いを存分に感じ、私たちスタッフにとっても大変良い時間を過ごすことができました。

次回以降さらにパワーアップしてお届けしますので、よろしくお願いします。