【事業レポート】7/6 26歳のハローワーク vol.1

26歳のハローワーク vol.1のレポートです。

本事業では、様々な分岐点にたつ若者へ、様々な価値観や働き方、
生き方に触れる機会を提供し、“これまで”の自分と向き合い、
試行錯誤しながら“これから”の道を切り拓く応援をしていきます。

キーワードは、「モノサシ」・「コンパス」・「コトダマ」です。

-----------------------------

今回の26歳のハローワークも、様々なバックグランドをもった方たちにお集まりいただき、とても素敵な時間となりました。
(今回はゲストは設けず、ワークショップ形式で進めました)




日時:7月6日(水)19:00~21:30

場所:とちぎユースワークカレッジ教室


まずは、参加者の自己紹介から。
参加者のみなさんのバックグラウンドを共有するところからスタートです。

次は頭のストレッチ。
今日はたくさん頭を使うので、準備体操としてブレーンストーミングを行いました。
驚愕のアイデアも出てきて、一同大爆笑。
参加者の方々の豊かな発想力に脱帽です。

少しほぐれてきたところで、今日のテーマに対して考えるヒントを提供しました。様々な視点や価値観を受け止めながら、自分のモノサシを考えていってほしいのです。

十分に頭を動かしたあとは、小休憩。
本日の一品は、ラムズイヤーさんのスコーンと、Y's teaさんの紅茶(水出しセイロンティ)。どちらも宇都宮市内のお店です。ラムズイヤーさんは、国産小麦粉、低温殺菌牛乳、きび砂糖など良質の材料を使用したカラダに優しい美味しいスコーンを作っています。
Y's teaさんは、「お茶を通して人々のココロとカラダを豊かに!」というコンセプトのもと、オリジナルブレンドの美味しい紅茶飲むことができます。また地域の活性化にも熱心に取り組まれている素敵なお店です。
(※写真が無くて申し訳ないです^^;)



美味しいお菓子と紅茶に和んだ後は、
「AorB、あなたはどっち?」
ここからが、今日の本番です。
他の参加者たちとの意見交換を通して、自分のモノサシを整理していきます。それぞれが選んだアバターに身を置き換え、どうしてそっち? 何故こっち?と考えていきます。

人の考えを聞き、自分に問いかける。人に話をしながら、自らの考えを整理する。
お互い刺激し合いながら、自らが自らを刺激する。
思考と心の整理整頓、共有。

一通り整理したあとは、アウトプット(出力)。
本日のまとめとして、自分の想いや考えをカタチにし、人に伝えます。
前回と同じくパーソナルシフトというアクティビティを通して、
これまでの自分と向き合い、次への一歩を考え、発表しました。
それぞれが、“これまで” を受け止め、“これから” を見つめていました。

最後に参加者間でちょっぴり交流をして、終了とあいなりました。


《参加者の感想》
「普段感じないこと、気づかない事がこんなにあるんだということがわかりました」
「自分の考えがしっかりまとまった」
「たくさんの方の意見や考え方を聞いて、とても刺激をいただきました」
「自分の考えを改めて整理することができた」
「いろいろな意見を聞くことができ、幅が広がった気がします」


あっという間の2時間半、濃密な時間を過ごすことができました。
もう少し時間が欲しかったという声が嬉しかったです☆

共に良い時間を創ってくださった参加者の皆さま、
どうもありがとうございました!!