【事業レポート】9/12-20 グラウンドワークインターンシップ生受け入れ

9月12日~20日、グラウンドワークインターンシップの研修生が当団体でOJT研修を実施しました。若者の育成と学校のコーディネートを担いながら、自宅で生涯学習としてのパン教室を実施している社会教育の実践者でした。

具体的なOJT研修の内容は、とちぎ県内の大学生を対象として社会と未来を考え、学生と社会を繋げていくことを目的にしている「とちぎ学生未来創造会議」が主催する「ミライカタルキャンプ」のプログラムの企画と運営、学生フォローでした。

人 の育み方や人の捉え方、物事の背景を読み解く力を持っている彼女とのOJT研修受入の時間も有意義でした。また地域の誰もが学べる機会と教える機会を創 り、世代を越えて高めあって行ける環境を創りたいという想いもお持ちで、それを実現しうるだけの地域資源もお持ちであり、これからのリーダーになる方だと 実感しました。

これからも、何か一緒になれたらいいねといいってお別れしましたが、我々もお互い高めあっていけるよう頑張っていこうとOJT研修を受け入れ、実感致しました。

今後は、社会課題現場での人材育成の仕組みを早急に構築し、より多くの人が学びと繋がりを持った社会環境を創りだしたいと思います。(岩井)