育苗男子 Part.2

夏の育苗男子

当団体で実施している復興支援プロジェクト「ユースワークキャンプinいわき」で、現地パートナーとして協力していただいているNPO法人トチギ環境未来基地さんの「苗木 forいわき」プロジェクト。

 

このプロジェクトで植える松の苗木を、6月から育てさせていただいております。

 

今日は、夏の育苗男子の奮闘をお届けします。

 

 

救世主あらわる

「やすたろう」と「ウーベ」を育てはじめて、約1ヶ月が経過しました。

 

与えうる限りの愛情と時間をかけて、水やり、日光浴など、お世話させてもらっています。

 

 

しかし、どうしても生育が良くない。

 

このままでは、「やすたろう」と「ウーベ」の命にかかわります。

どうしたものかと思案の日々を送る育苗男子。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

しかし、灯台もとくらしとは良くいったもんです。

救世主はすぐそばにいたのです。

 

救世主は、オフィスをシェアしている「とちぎユースワークカレッジ」のスタッフNさん。

 

なんと、趣味が盆栽とのこと。

 

「あれじゃあ、育たないかも」と、ずっと心配してくださっていたようです。

 

 

「大がかりな手術が必要かもしれない」

そう、救世主はおっしゃいました。

 

救世主との大手術

 それから、話はとんとん拍子に進み、新しい土など手配くださり、手術の日を迎えました。

 

生育のよくない原因として考えられるのは、

・水はけの悪さ

・土の密度が濃く、空気の層がない

 

ということ。

 

それらを改善するための、「土の入れ替え手術」となります。

手際よく手術をすすめる、カレッジスタッフNさん。

 

テキパキとした作業とわかりやすいアドバイスで、

育苗男子もたくさん学ぶことができました。

 

 

見事に生まれ変わった、「やすたろう」と「ウーベ」は、これから少し安静にするために、2週間の入院生活。

ギブスもはめて、すこし病人みたいです。

 

でも、これからすくすく育つために必要な手術だったので、きっと彼らも満足してるはず。

 

 

では、また彼らに変化があれば、レポートしていきます。

 

 

(事務局:育苗男子)