[report]11/1 NPO職員のためにマネジメント力向上講座vol.2「NPOマーケティングの活かし方」

11月1日、とちぎボランティアNPOセンターで、前回(10月16日)に引き続き、NPOマーケティング研究所代表の長浜洋二氏をお迎えして、「NPO職員のためのマネジメント向上講座」の第2弾「NPOマーケティングの活かし方~活動/サービス/広報/支援者開拓~」をテーマに、県内の様々なNPO(任意団体、社協含む)の職員12名にご参加頂きました。

 

長浜さんの取り組みについては、前回のレポートをご参照ください。 

 

 

研修の内容について、整理してみると、
前回のNPOマーケティングとは何か、NPOマーケティングの流れ(課題認識、現状分析、ターゲット設定、施策立案、施策実行/改善)を再確認したのち、前回からの引き続きで「施策立案」から理解を深めていきました。

 

 

「施策立案」は、ポジショニング、施策立案(価値、コスト、コミュニケーション、利便性)、施策の確認(ミッションとの整合性、ポジショニング、人員体制、予算)、目標/指標、実施スケジュールの設定などを位置付けていく作業になります。

ポジションニングは、前回の講義の内容にあったように、NPOにおいても、利用者や支援者から選ばれていることの認識に立ち、競合に対するNPOやサービスの「位置」を決めることです。ポジショニングの原則を踏まえ、知覚、印象、感情などによって決定していきます。

 

ワークでは、ポジショニングのテーマとなる左右と上下の軸を定め、メディアの媒体の位置付けを実践してみました。どこに置くか以上に、その軸を何にするかが重要でした。軸に置いても、一つの図ではなく、複数の軸を創りだす事も必要です。

 

ポジショニングで、差別化を図るポイントについては、わかりやすく説明をして下

さりました(配布資料には、細かく記載してあります)。

その後、「マーケティングミックス」については、マーケティングの4P(Product/Price/Promotion/Place、生産者視点)と4C(Customer Value/Cost to the Customer/Communication/Convenience、受益者・顧客側視点=支援者視点)がどういったものかを他のNPO等の事例を交えて学んでいきました。4P,4Cそれぞれの項目の中でも1つづつ作り方があります。言葉では聞いたことがあっても、作り出せること、位置付けさせることが重要だと認識にしました。

 

そのうちコミュケーションについては、広告、プロモーション、人的活動(営業)、広報・パブリシティ、口コミなどの媒体の特徴を確認しました。広告と広報は混在しがちでしたが、役割・昨日については違うとい認識になりました。広告の1つであるチラシづくりは、NPOにもなじみ深いものになっていますが、その制作には、「クリエイティブ開発」と言われる視点が大事になってきます。目的、ターゲット、活動分野の分析、期待するターゲットの反応、広告が訴求するベネフィット、競合に対する優位性など。これらはイベント企画と通ずる部分もあります。

 

このクリエイティブ開発を体感すべく、ある「チラシ」を、改善するワークを行いました。そのチラシから読み取る目的やターゲットが想定と繋がっているかを確認し、よりよいチラシするためのディスカッションを行いました。

 

その他、ダイレクトメール成功要因分析や寄付集めのTPO、クラウドファンディングなどについても、運用例を用いて、誓いを深めていきました。

 

 

「目標/指標の設定」では、ミッション、目的、目標、KPI(Key Performance Indicator)と掘り下げていきました。施策の評価も、Input,Output,Outcome,Impactの流れを確認し、損益分岐点・費用対効果の分析、指標のブレイクダウン、実績管理を学びました。

 

「施策実行/改善」は、それらの施策の評価とPDCAサイクルの実践、施策の分析(振り返り)を行いました。

 

今回の参加者のアンケートも“全員が満足”と回答され、また全員が次回も参加する回答でした。

 

次回12月11日に、静岡県熱海市で先駆的まちづくりを実践するNPO法人atamista 代表理事市来広一郎氏をお迎えして、“参加を引き出すプログラム-参加を主役にさせるプログラム-”を学んでいきます。市来さんは、”ONPAKU”の手法を使って、住民をまちづくり主役にさせ、地域資源の活用と外部資源の融合を展開しています。

 

今回参加できなかった方も、次回お越しいただけましたら嬉しいです。お越し下さった方は、前回までの資料をお渡しさせていただきます。なお、団体内で複数申し込まれるとこの研修後、団体内での共有や話し合いに繋がり、より実務に活かされるものになります。 

 

改めまして、ご参加頂きました皆様、お忙しい中長丁場の講座でご講義頂きましたら長浜様、ありがとうございました。


■長浜洋二氏のNPOマーケティングに関するブログ  「飛耳長目:アメリカにみるNPO戦略のヒント」(http://blog.canpan.info/hijichomoku/)


アンケート(自由記入・感想)より
・一連のNPOマーケティングがプロセスと企業と比較して理解できた。是非今後の取り組みに活かしていきたいと思いました。レベルに合わせて丁寧にわかりやすく説明頂き感謝です。
・日々の忙しさにまかせて、おおまかに活動していきました。今日の講座の中でも大切なことをないがしろにしていた部分をいくつも発見できました。
・チラシやイベントを考える際に、今回学んだことを知っているのと、知っていないのでは全然違うものになるのではないかと思いました。今日参加して良かったです。
・ポジショニングに関する内容が興味深かった。自団体に持ち帰って様々な軸を使いながら、分析したい。
・実際の実務でやっていることの課題、問題点が明らかになってきた。