[report]12/11 NPO職員のためにマネジメント力向上講座vol.3「参加を引き出すプログラム」

 12月11日、とちぎボランティアNPOセンターで、NPO法人atamistaの市来広一郎氏をお迎えして、「NPO職員のためのマネジメント向上講座」の第3弾「参加を引き出すプログラム―参加から主役にさせるプログラム―」をテーマに、栃木県内の様々なNPO(任意団体含む)の職員16名にご参加頂き、開催しました。

 

 

講師の市来さんは、熱海で生まれ育ち、大学で東京へ。卒業間際アジアやヨーロッパを3カ月、1人で放浪。その後、都内のビジネスコンサルタントに就職。3年目に故郷の熱海の再生を仕事にしようと、一新塾に参加し、事業を温める。2007年に熱海にUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始めます。

  はじめは、地域の人を知るために、取材と情報紙の発行をひたすら続け、街に住む人の魅力に出会っていきます。そこから、遊休農地の再生を農家と新住民・別荘住民に向けた農業体験プログラムを提供開始しました。2009年から体験交流ツアー「熱海温泉玉手箱(オンたま)」を熱海市観光協会、熱海市などと協働で開始、プロデュース。2008年、atamista設立し、2010年、NPO法人化しました。

 

atamistaは、“一番の地域資源は、人”と考え、徹底的に地域を掘り起こし、ないものねだりから、あるものを活かす。人が輝き、チャレンジする苗床を育んでいます。

 その1つに、オンパクの手法を使った「オンタマ」を実践しています。オンパクは、「プログラム」と呼ばれる小規模の体験交流型イベントを沢山集めて短い期間に開催します。

 オンパクは、地域住民が主役となり、参加者も地元の人で地域の魅力を再発見していきます。プログラムの提供者も地域住民で、小さなチャレンジが街中でおこり、地域をよくするプレイヤーとファンが繋がり、広がっていきます。オンタマファン倶楽部(会員)は1400名を越えています。熱海の人のチャレンジを楽しむ人がいることになります。はじめは、参加者だった人も、プログラムを提供する人へ変わっていく等、チャレンジを生みだす仕組みが生まれています。

 

そうしたプログラムのコーディネートに携わる市来さんからのプログラムづくりでは、いかに参加者に参加の舞台を創り、面白さからファンへ展開させ、プログラムの提供者側へと巻き込んでいくポイントをお伝え頂きました。

 

 まず、プログラムが、“ミッションやビジョンに繋がっていること”、そして“顧客の存在も同じくらい意識し、繋げて捉えていること。”。それを“一言で伝えられるか”ということ。

 その一言を創りだすために、プログラムの設計が必要になります。団体のミッションや強み、今年の事業目標、今回のチャレンジ目標、プログラムテーマ、発掘・磨き上げる地域資源、場や商品などを提供する協力団体、顧客(対象顧客、顧客の感想、サプライズ)、内容、収支計画(参加費、試算参加者数、変動費単価、固定費)、を考え、PR文(キャッチコピー、タイトル、リード文)を創ります。実際にワークシートを活用しながら進めていきました。

 プログラムに評価については、“集客数より満足度”。プログラムアンケートでは、100点満点で、80点以上、90点以上の割合を把握しています。満足度を高めることが、参加者が街のファンとなり、チャレンジ(プレイヤー)を育んでいきます。また成果は、満足度だけでなく、チャレンジした人(プログラム提供者)や、プログラムの日常化への繋がり(商品化、サービス開始)にもこだわっています。
“社会を変える前に、自分が変わる”自分自身が、そうありたいと話す市来さんからの話は貴重な学びでした。

 

参加者の声(アンケートより抜粋)

・「できること<喜んでもらえるもの<一緒に楽しめるもの」と考えることでより良いプログラムが出来た。無理くりでも企画を考えることで自分の中の興味・テーマ・目指すものがはっきりした。

・atamistaの取り組みの経緯などを実際に聞け、大変勉強になりました。自分を変えることからという言葉に特にインパクトを受けました。・町を元気にすることとは何かよくわかったです。

・事業やワークショップを試してみる場があることが活気につながると感じました。

・オンたまで地元の人がガイドをやることによって困っている人にも声を掛けるようになる。そのような人がどんどん増えていくことはとても素敵ですごく効果があることだとおもいました。・資源の掘り出し、住民の意識変化が大切だと思いました。

・プログラム設計のポイントを事例を踏まえてお話しいただきとてもわかりやすかったです。 

 

INFORMATION-------------- 

 

●NPO法人atamista

熱海市昭和町 5-2 竹春ビル101

 

HP :http://atamista.com/

Blog :http://www.flags-cake.jp/blog/TEL  :0557-52-4345

E-mail:info@atamista.com