2/23(sat) iDEA→NEXTファイナル

若者による社会を良くするアイデアコンテスト

「iDEA→NEXT」とは、ヒトとマチがイキイキとした地域を創るため、社会に新しい価値を提供する若者を数多く輩出し、 地域の困りごとの解決や社会を良くする活動を促進する、若者がチャレンジするステージです。また若者のアイデアやアクションを見える化し、企業や地域で活動する人々と若者がつながる場でもあります。

 

※本事業は、今年度からの取り組みで、初開催となります。

 

 

 2/23(土)に、最終選考となる公開プレゼンテーション、その名も「iDEA→NEXTファイナル」が、宇都宮大学峰が丘講堂で実施しました。

 

  ⇒ 「ファイナルまでの道のり」については、こちらをご覧ください

 

 

 

24組のエントリーから、1次審査を経て ファイナルプレゼンテーションに進んだ10組。

 

このファイナルでは、ファイナリストが12分間のプレゼンテーションを行い、それぞれの栃木をもっと面白くするアイデアや、栃木の困りごとを解決するアイデアを発信します。

 

そこで、オーディエンスからの投票によるグランプリ1組と、審査員7名による選考となる審査員特別賞1組を決定します。

 

また、NEXTシートという、アイデアに共感した!こんな協力ができるよ!といった感想や意見、協力を記入できるシートをオーディエンスのみなさんにご記入いただき、新しいアクション実現に向けての後押しや興味ある活動への参加など、聞いている側もアクションを起こせる場となっています。

 

 

 

プレゼンテーション

当日は快晴に恵まれ、旅立ちの日としては絶好の日。

 

まずは当会代表の岩井より挨拶と主旨説明をさせていただいた後、

ファイナリストと審査員の紹介です。

 

今回の審査員は、以下の7名です。

 

   ・大塚 雅斗 氏  とちぎニュービジネス協議会 会長
            株式会社キッズコーポレーション 代表取締役

   ・小久保 行雄 氏 有限会社ドンカメ

   ・進村 武男 氏  大学コンソーシアムとちぎ 理事長
            国立大学法人宇都宮大学 学長

   ・野口 勝明 氏  株式会社夢創造 代表取締役
 
   ・萩原 英樹 氏  栃木県産業労働観光部 企画調整担当 副主幹

   ・結城 史隆 氏  とちぎ協働デザインリーグ 常任理事
            白鴎大学教育学部 教授

   ・吉田 ユリノ 氏 NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会 
                            元理事、評議員、シニアアドバイザー

 

 

その後は、いよいよプレゼンテーションのスタートです。

 

どのアイデアも、応募してきたころからかなり磨き上げられてきており、それぞれの想いがつまったアイデアがプレゼンされました。

10組のプレゼンということで、かなりの長丁場になりましたが、オーディエンスのみなさまからはたくさんのNEXTシートがあつまり(300枚以上!!)、今後の更なる展開が期待できそうです。

 

 ⇒ それぞれのアイデアについては、こちらをご覧ください

 

 

全10組の発表のあとは、投票タイム。

その間、審査員による審査員特別賞の選考が行われ、 

ついに、グランプリと審査員特別賞が決定しました。

 

 

 

 

【結果発表】

グランプリ (オーディエンスによる最多得票)
「地域の輪。学生による安否確認・無限大の可能性を込めて」
国際協力学生団体 トムソーヤ 佐川 想(白鴎大学4年)

IMG_1712

 

 

 

 

◯審査員特別賞 (審査員7名による選考)
「歩いて楽しいオリオン通り」
逸見 栞(宇都宮大学3年)

IMG_1628

 

 

 

〇優秀賞 (ファイナルステージ出場)

アイデア名

団体名

氏 名

栃木×バイク=Smile!                ~マイナスイメージを掛け合わせてプラスに~ 水沼と愉快な仲間たち 水沼 慎、小林 一喜、小林 知明、冨士枝 健、新野 美月、安發 真吾、八木 和樹、宇賀神 啓太、小平 皓永

飲めば広がる宇都宮 

(旧名:トチギカクテルスタイル)

大舘仁志×新妻聖也 大舘 仁志、新妻 聖也
Real Playing Game   菊地 雄太
栃木を感じる絵日記の旅!!   菊池 公江
農家の嫁による「農家の嫁 イメージアップ大作戦」   大貫 聖子
ネコの殺処分減少活動のヒーローキャラクターの考案 NPO法人日本キャットライフサポート協会 増森 Darren、岩崎くるみ、久我臣仁、笹原麻美
日本三大美肌の湯50℃洗いで活性化!計画 はやき・風株式会社 大河原 千晶、岩崎 崇、皆川 徹
つながりの社会 コミュニティタウン とちぎ     ~みんな仲良しのまちを~ つながりの社会 コミュニティタウン とちぎ 高橋 伸明、新井 愛奈、鶴見 安里紗、野澤 典明、秋山 直輝、小関 大輝、中根 敦、篠原 優介

 

それぞれのプレゼンテーションの中に、

”2カ月間自らのアイデアと向き合い続ける中で、協力者が広がり、すでに動き出していることに気づいた”、

”これからが始まりである”

と話すファイナリスト達。


これからは、ファイナリストのアイデアが地域社会の様々なヒトやコト、資源と繋がりながらアクションにしていく次のステージに入っていきます。

ここでできた想いとブラッシュアップされたアイデア、仲間や協力者などを忘れず、進み続けて欲しいです。

我々も彼らを支え続けていきます。

 

 

 

 ⇒ サポート/協賛企業・団体紹介

 

 

交流会

その後は、ファイナリストやオーディエンスの方々など、一同に会しての交流会。

 

普段出会えない多様な業種や学部の方が集まるこういう時間は、見識を広げる絶好の機会となりました。

 

来年出たいなー、と言ってくださる方もおり、プレゼンテーションでの刺激やここでの出会いが、次の新たなチャレンジや仲間を生み出しているのかもしれません。

 

最後に

会場には、70名を越える一般参加者の方々の他、協賛頂いた企業 団体の代表者様もお越し下さいました。

また18の企業・団体様、5名の個人の方々からご協賛を頂きました。 その他、メンターとして15名の経営者・実践者の方々や7名の審査員の方々、 また当日の運営を支えてくださった9名の運営スタッフなど、 多くの方々のお力添えを頂いて開催できましたこと、心よりお礼申し上げます。

 

誠に、ありがとうございました。

 

来年は更にパワーアップして実施する予定です。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。