3/16 NPOマネジメントフォーラム-これから「求められる」NPOとその役割は何か-

公益社団法人日本サードセクター経営者協会 執行理事 藤岡喜美子 
公益社団法人日本サードセクター経営者協会 執行理事 藤岡喜美子 

3月16日、とちぎボランティアNPOセンターで、公益社団法人日本サードセクター経営者協会の執行理事藤岡喜美子氏をお迎えして、「NPOマネジメントフォーラムーこれから「求められる」NPOとその役割は何かー」をテーマに、栃木県内の様々なNPO(任意団体含む)にご参加頂き、開催しました。

 

 

講師の藤岡さんは、結婚し家を建てることをきっかけに地域住民との関係づくりを模索している中、地域で汗をかく活動に入っていきました。生活圏内でもある地域で草の根での活動を行い、そのノウハウを活かし、様々な市民グループの立ち上げや展開の支援を行ってきました。2005年、公共サービスサービスを担う改革するNPOを支援し、市民が主役となる新しい政府・行政像の創出を目指す「市民フォーラム21・NPOセンター」の事務局長を経て、現在公益社団法人日本サードセクター経営者協会の執行理事を務めています。特に、「iSB公共未来塾」では、国内のNPOと協業し、東北の復興を事業を創出できる人材の育成に注力しています。 

 


藤岡さん自身は、今ままでの活動のノウハウや支援実績から、民間非営利組織向けのコンサルティングにも取り組まれています。民間非営利組織は、第1の顧客と第2の顧客がいる他、金銭的利益の他、社会的価値のある利益があるなど、民間企業との違いを踏まえてコンサルティングを行っております。

 


基調講演では、まず現在のNPO、サードセクターの置かれている社会背景として、多様化・複雑化・深化する地域や社会のニーズに対し市民が作った活動を行政が支える社会になってきていること、「小さな政府」論から第3の道(ニューパブリックマネジメント)へ移行しつつあること、民間非営利組織の2分化(本気で社会を変えようと成長意欲のある団体/ボランタリー・オーガニゼーションと、草の根の活動を継続する団体/コミュニティグループ)に分かれてきていること、本気で社会を変えようとする団体は事務所と専従職員を持っていること、本気の団体を支援する中間支援機能が弱かったこと、の認識を確認しました。

 


そこからNPO、サードセクターの経営においては、ミッション・ビジョンの明確化と言語化・可視化が必要不可欠であること、これを基盤にし、ブレーンストーミングを行い、ミッションの実現に向けた事業群を作り取捨選択し、プロセスを中期計画としてまとめることが大切である。その際、ビジョンの実現に向けて事業→活動内容→直接結果→短期成果→中期成果→長期成果→ビジョンの物語りを描く「ロジックモデル」と3年後の想定し、資源内容→資金提供者→資源/吸引力→工夫→事業を描く「ビジネスモデル」の創り込みが重要となる。具体的なワークシートや事例の話を頂き、事業を仕組み化していくことの重要性も実感しました。

 


NPO法人塩谷町旧熊ノ木小学校管理組合 事務局長 加納麻紀子
NPO法人塩谷町旧熊ノ木小学校管理組合 事務局長 加納麻紀子
NPO法人ま・わ・た 事務局長 土崎雄祐
NPO法人ま・わ・た 事務局長 土崎雄祐

事例報告として、本県のNPOの取り組みとして、NPO法人塩谷町旧熊ノ木小学校管理組合(発表者/事務局長加納麻紀子氏)とNPO法人ま・わ・た(事務局長/土崎雄祐氏)にご紹介頂いた。それぞれ活動年数も課題とする事も異なるが、それぞれのミッションの実現に向けた実務的プロセスや工夫、課題などが明らかにできました。

 


グループセッションでは、新たに取り組もうとする方や、すでに組織内でマネジメントの現場にいる方、などとそれぞれの抱える課題認識を出し合い、話しあっていきました。そもそれもNPOとして取り組む場合に必要な事、持続可能な事業モデルの構築するために必要なこと、理事や団体の一体感や調整をどのように行うべきか、事業や組織内の取捨選択を含めた判断をどのようにしていくのか、などが出されました。こうした問いに対し、基調講演頂いた藤岡氏も交え、意見交換をしていきました。
 

 


アンケートの結果では、参加者全員が5(大変満足)という回答でした。その中の声をいくつか、ご紹介します。

 

参加者の声(アンケートより抜粋)

・最初の一歩のとしてどう動けばよいのか、正直分からない部分も多くあったのですが、具体的にどういう方向でミッションを考えていけばいいのか学ぶことができたので、とても収穫になりました。ありがとうございました。

・藤岡さんの話が印象的でした。マネジメントについて、整理すべきポイントが明らかになりました。

・サードせクターを聞いたことがあったが、内容までまりしらなかった。自分がいる組織サードセクターと気づかされた。また経営とビジョン、ミッションしっかりやらないいけないと感じた。

・ビシビシとマネジメントの重要性を感じました。草の根NPOと事業NPOを分けて考えなければいけないのでは、という考えに賛成です。                                     など。


INFORMATION--------------

 ●公益社団法人 日本サードセクター経営者協会

HP : http://jacevo.jp/

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11【co-lab千駄ヶ谷4-3】

TEL:03-5843-6723/FAX:03-6447-2685