メンバー

 

 1982年生まれ。栃木県宇都宮市出身。2005年宇都宮大学国際学部卒業後、ボランティアコーディネーターとして宇都宮市民活動サポートセンター入職。NPO・ボランティア支援、個別SOSに従事。2008年より若者の成長機会創出と社会課題の解決に向けて持続的に取り組む人材を輩出し、若者による社会づくりの加速を目的に、とちぎユースサポーターズネットワークを設立。2010年NPO法人化。代表理事を務める。

 

 

 その他、認定NPO法人宇都宮まちづくり市民工房理事、栃木県協働アドバイザー、一般社団法人とちぎニュービジネス協会議理事等、他多数。


1980年生、栃木県小山市出身。仙台で大学生活を過ごした後、名古屋でインテリアコーディネーターとして勤務し、主に商業店舗などを手掛ける。 その後、青年海外協力隊として南米ボリビアに赴任し、先住民族が多く住む村の役場で、生活向上プロジェクトや植林などの環境保全プロジェクトを、住民や現地NGOなど多様な人たちとともに企画・実施。

2009年より参画し、若者の力を活かした地域の課題解決/活性化をミッションに、様々な活動を展開中。

その他、仲間たちと必要だとおもうこと/楽しいとおもうことをあれこれと企てたり、実践しています。NPOカゼトツチ 代表、モバイル竹テントプロジェクトkeke、NPOトチギ遊学 ファウンダー、green drinks utsunomiya オーガナイザーなどなど。

 

 キーワードは、「ツクル」・「アソブ」・「カケル」


プログラムコーディネーター 吉井渚

 

富山県出身。北里大学で4年間畜産学を学んだ後、宇都宮大学大学院に転学し農業経済学を修める。在学中に農村での若者育成・地域づくりに興味を持ち、各地の農村に足を運びながら現場を通して地域づくりを学ぶ。今後は、被災地という課題先進地域で学んだことを専門に活かしたいと考え、ユースでの業務に取り組んでいる。学生時代から、よさこいの踊り子として活躍。

1993年生まれ。宮城県石巻市出身。東日本大震災を高校生の時経験し、福祉を学びたいと考え国際医療福祉大学へ進学しその後県内の介護施設へ就職。仕事の最中、学生時代からユースでインターンやボランティアを経験したことをきっかけに取り組んでいた、地域高齢者と若者との世代間交流プロジェクトチーム『つむぎ』にて活動。

 

その経験を経て当時の代表が立ち上げた一般社団法人えんがおに所属し、大田原市にて若者の力で地域の高齢者の孤立の予防と解消を目指す活動をしている。デジタル系が大好きのガジェット好き。

 

 1979年生まれ。栃木県鹿沼市出身。幼少期よりコンピュータや絵に触れて育つ。大学卒業後、東京のIT企業で企画・マーケティング・営業支援として従事。全国の大手企業にシステムの提案を多数行う。東日本大震災をきっかけに地域での様々な活動に触れ、その支援を志して起業。「つばめソリューション」代表として地域の企業やNPO のIT化や情報発信の支援を行っている。20カ国を旅したジェットコースターマニア

 


 

静岡県出身。結婚を機に栃木へ。旅行会社に勤務し各地を駆け巡った後、ユース主催のアイデアコンテンスト「iDEA→NEXT」に応募。ファイナリストに選出される。2児の母として日々子育てに奮闘しつつ、ユースでもお母さん的存在として活躍。得意技は、掃除と3秒で眠ること。